近藤 誠一

みなさん、デンマークと言えば何を思い起こしますか?
アンデルセン、レゴ、人魚姫、風力発電、デニッシュ、北欧風建築やデザイン…
開かれた王室、そして世界一幸せな国民。
2017 年は日本とデンマークの外交関係樹立150 周年です。
幕末に世界に門戸を開いた日本は、岩倉具視卿の使節が長期にわたって
欧米を訪問するなど、海外から貪欲に学びました。
彼らがデンマークを訪れたことをご存知ですか?
英独仏などの大国の抗争の中を、したたかに生き抜いた小国の知恵を学ぶためです。
あれから150 年、日本は軍事・経済面で欧米に追い付き、追い越しましたが、
やがて戦争で負けました。…

戦後は平和国家として頑張り、世界第二の経済大国になりました。
しかしバブルがはじけて経済が停滞し、少子高齢化が進むなど、再び国造りが重要な課題になっています。
今後日本はどのような国になるのでしょう? いやどのような国にすべきなのでしょうか?
軍事大国や、経済大国は答えではありません。成熟した社会の中で、人と自然に優しく、ワーク・ライフ・バランスの下で家族や親しい友人と、楽しく、安心して暮らせる国です。
その秘訣は何でしょう? それを再びデンマークから学べるのです。
まずは行ってみましょう。春から年末まで、魅力ある7 つの旅を用意しました。それぞれの分野のエキスパートが、あなたがご自身で人生を再デザインされるのをお手伝いします。あなたはどの分野にされますか?